ダンロップ ゼクシオ ナイン (2016)

ゴルフクラブ数値.comは、ゴルファーの皆様のゴルフクラブ選びをお助けするサイトです。当サイトには広告が表示されてしまいますことをご容赦ください。


スポンサーリンク



楽天広告



 %e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%97-%e3%82%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa-%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%b3-2016%e7%94%bb%e5%83%8f
球の高さの部】
ロフトラインナップ 8.5度、9.5度、10.5度、11.5度、12.5度
表示ロフト(度) 実測ロフト(度) 説明
9.5 10.5 表示ロフトに対して+1.0度です。差がとても大きいですね。弾道が高くなる要素となります。
重心深度(mm) 市場平均値(mm) 説明
41 38 重心深度は市場平均に対して+3mmです。やや深めですね。弾道が高くなり易い要素となります。
%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%97-%e3%82%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa-%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%b3-2016-%e7%90%83%e3%81%ae%e9%ab%98%e3%81%95%e3%81%ae%e9%83%a8_3
【球の高さの部 解説】
・実測ロフトが表示ロフトよりもかなり大きいことに加えて、重心深度も深いため、球がよく上がります。
・平均以上のヘッドスピードがあるプレイヤーなら、8.5°や9.5°でも十分に球が上がります。
・シニアの方など、ヘッドスピードがあまり速くないために球が上がらないプレイヤーにとっては、これは神ドライバーと言っても過言ではありません。
・ヘッドスピードが速いプレイヤーは、球が高く上がり過ぎるので、別のクラブを買った方がいいと思います。



スポンサーリンク



楽天広告



目次

0.ゴルフクラブ数値.comへようこそ

1.ゴルフクラブの選び方
1-(1)ゴルフクラブの長さ
1-(2)ゴルフクラブの総重量
1-(3)ゴルフクラブの振動数
1-(4)ゴルフクラブのバランス

2.シャフトの選び方
2-(1)シャフト重量
2-(2)シャフトの硬さ・フレックス
2-(3)シャフトのキックポイント
2-(4)シャフトのトルク
2-(5)シャフトのスパイン

3.ゴルフクラブヘッドの選び方
3-(1)ロフト角
3-(2)ライ角
3-(3)重心距離
3-(4)重心角
3-(5)フェース角
3-(6)フェースプログレッション
3-(7)球の捕まり
3-(8)重心深度
3-(9)重心高さ
3-(10)低重心率
3-(11)ヘッド左右慣性モーメント

4.ウッドシャフト数値
5.アイアンシャフト数値
6.ドライバーヘッド数値